Location

ロビナビーチ

地図

ロビナ : Lovina

Singaraja(シガラジャ)という港町の西側に広がる、バリ北部随一のビーチリゾート、ロビナ。Lovinaという英語名に「Love」とあるのにご注目。

この地にあったブレレン王朝最後の王がキリスト教に改宗したことを記念して「人の心の中(IN)にある愛(LOVE)」という意味を込め「LOVINA」と名付けられたのだそうです。1960年代、ロビナビーチにタシックマドゥホテル(蜜の海のホテル)というホテルを開業し、このエリアの開発を始めたのも、王の一族だったといいます。

バリ島北部を代表するリゾート、ロビナエリア。ここは、黒砂のロビナビーチに面した海岸沿いの穏やかな雰囲気が魅力です。ビーチの沖合いには珊瑚礁が広がり、ダイビングやシュノーケリング、ドルフィンウォッチングなどが楽しめます。

北部のブレレン港は、かつて海外に向かって開かれたバリの玄関口として賑わいを見せた時代がありました。その名残を感じさせる異国情緒が、この地の空気に含まれています。

ロビナは長期滞在する欧米人旅行者が多く見られ、皆それぞれにのどかな雰囲気を味わいながら過ごしています。南部の喧騒で失われてしまったバリの荘厳な王朝の心意気が息づいているエリアであるとも言えます。
周囲には温泉や滝などのスポットもあり、ゆっくりとこの地に滞在しながら、ひとつひとつ訪れてみると、新しいバリ島の表情に出会えることでしょう。